法人携帯・社用携帯・業務改善や
コスト削減ならベルパークにお任せください

投稿日: 更新日:

法人携帯でかけ放題のプランを徹底比較

法人携帯でかけ放題のプランを徹底比較

法人携帯のかけ放題プランを契約しようにも、携帯キャリアの種類が多くて迷ってしまう方もいるはずです。

そこで本記事では、法人携帯のかけ放題プランを「大手」と「格安」に分けて徹底比較していきます。
ご自身にとって最適な携帯キャリアを選択するためにも、ぜひ最後までご覧ください。

※本記事は2021年6月24日時点の情報を紹介しています。
各社のプラン等が変更になっている可能性がありますので、最新情報に関しては各社公式サイトをご確認ください。

法人携帯のかけ放題プランは、携帯キャリアの種類によってサービス内容がさまざまです。

ここでは3大キャリアと呼ばれてきた、大手3社の法人携帯向けかけ放題プランをそれぞれ比較していきます。

各携帯キャリアの違いを知って、それぞれの企業に合ったかけ放題プランをみつけましょう。

ドコモのかけ放題プラン

3大キャリアの1つであるドコモ。

以前は、国内通話のかけ放題と社員間でのパケットシェアがセットになった「カケホーダイ&パケあえる」が有名でしたが、2019年5月31日に新規申し込み受け付けを終了し、既存の契約中の方のみ利用できるプランとなっています

現在はデータ容量に応じたプランをベースに、通話が必要な場合は「音声オプション」として申し込みます。
音声オプションを解説する前に、まずは主となる法人契約の基本プランをみていきましょう。

法人契約プランは下記のとおりです。
(割引適用前・定期契約あり)

法人契約プラン【4G】 利用可能データ量 月額料金(税抜)
ギガホ プレミア 60GB 6,380円
※~3GBの場合 4,880円
ギガライト 1〜7GB 2,980〜5,980円

上記の基本プランから、ご自身のデータ使用量に合わせて選択します。

なお、2021年4月1日から「5Gギガホ プレミア」と「5Gギガライト」の5G対応プランが登場しました。
(割引適用前・定期契約あり)

法人契約プラン【5G】 利用可能データ量 月額料金(税抜)
5Gギガホ プレミア 無制限 6,480円
※~3GBの場合 4,980円
5Gギガライト 1~7GB 2,980〜5,980円

5G対応プランでは高速通信が行えるため、通信速度を求める方はこちらを契約しましょう。
なお、ギガライトはデータ使用量7Gを超えると、通信速度が送受信最大128kbpsとなるため注意が必要です。


※ギガライトはデータの使用量に応じて利用料金が変動
※社員3回線以上がドコモなら1人あたり1,000円(税抜)割引

ケータイ専用プランはこちらをご参考ください。

法人ケータイプラン 利用可能データ量 月額料金(税抜)
ケータイプラン 100MB 1,200円

主となる基本プランが決まったら音声オプションを追加します。
音声オプションは下記の2つから選べます。

音声オプション 月額料金(税抜) 通話時間
かけ放題オプション 1,700円 国内通話24時間無料
5分通話無料オプション 700円 国内通話5分以内無料

「5分通話無料オプション」は、通話時間が5分を超えた場合に30秒あたり20円(税抜)の追加料金が発生します。
業務上の電話頻度を考慮し、上記の音声オプションから選択しましょう。

なお、法人契約だと「ビジネス通話割引」が適用されます。
ビジネス通話割引とは、社員間・グループ内に対しての国内通話が24時間かけ放題になる法人向け割引サービスのことです。

2〜1000回線まで適用可能であり、定額料金はかかりません。
ドコモを利用する場合、この点は要チェックポイントでしょう。

auのかけ放題プラン

auもドコモと同じく、データ容量に応じたプランをベースに、通話が必要な場合は「通話オプション」を追加する形態です。

まず、auの法人契約プランは下記をご覧ください。
(割引適用前・定期契約あり)

法人契約プラン【4G】 利用可能データ量 月額料金(税抜)
使い放題MAX 4G 無制限 6,580円
※~3GBの場合 5,080円
ピタットプラン 4G LTE 1~7GB 1,980〜4,480円


※テザリング等で利用するデータ容量は合計30GBまで。混雑時や動画などへの通信制御があります。

4Gのデータ通信を使い放題な分、ドコモより基本料金が少しだけ高めな印象です。

そして、5G対応プランも用意されています。

「ピタットプラン 5G」と「データMAX 5G」の2つから選択可能です。
(割引適用前・定期契約あり)

法人契約プラン【5G】 利用可能データ量 月額料金(税抜)
使い放題MAX 5G 無制限 6,580円
※~3GBの場合 5,080円
ピタットプラン 5G 1~7GB 1,980〜4,480円

このように、4Gプランと5Gプランが同じ料金設定になっているのもauの特徴と言えます。

では上記の基本のプランに付ける「通話オプション」を見てみましょう。

通話量や通話の長さによって下記の2つから選べます。

通話オプション 月額料金(税抜) 通話時間
通話定額2 1,800円 国内通話24時間無料
通話定額ライト2 800円 国内通話5分以内無料

auには「法人割プラス」といった法人契約限定の割引サービスがあり、2回線以上が対象ですが、同一住所・同一法人で最大4回線以上で2,020円(税抜)の割引が入ります。

また、「法人割プラス」の対象ではありませんが、月間データ容量1GBと国内通話24時間かけ放題がセットになった「ケータイカケホプラン」もあります。

国内通話でもナビダイヤルやなど一部対象外があり、SMS送信に料金がかかるなど条件はありますが、月額料金が2,980円(税抜)なので、通話が多くデータの利用は少ない場合は、上手に利用すれば割安になるのではないでしょうか。

なお、3G携帯電話向けサービス「CDMA 1X WIN」は2022年3月31日をもってサービスを終了するようです。

ソフトバンクのかけ放題プラン

ソフトバンクもドコモ同様に国内通話し放題にネット利用がセットになった「スマ放題/スマ放題ライト」の受付を、2019年9月12日をもって終了し、現在契約中の方のみを対象に継続することとしています。

現在は、主となる「法人契約プラン」を選択したあと、「通話オプション」を追加する形態となっており、データを主軸とした契約の流れは先述した2つのキャリアと同じです。

ソフトバンクの基本プランは下記を参考にしてください。
(割引適用前・定期契約あり)

 

法人契約プラン 利用可能データ量 月額料金(税抜)
メリハリ無制限 無制限
※時間帯により速度制御の場合あり
※テザリング・データシェアは計30GBまで
6,580円
※~3GBの場合 5,080円
ミニフィットプラン+ 1~3GB 2,980〜4,980円

月額料金はau・ドコモとほとんど同じですが、ソフトバンクは4Gと5Gでプランが分けられていません。

そのため、非常にシンプルな料金体制で法人契約ができます。

ソフトバンクのケータイ専用プランはこちらです。

法人ケータイプラン 利用可能データ量 月額料金(税抜)
ケータイ通話プラン なし 980円
ケータイ100MBプラン 100MB 1,280円

ほかの三大キャリアに比べてケータイプランの月額料金は安めであり、データ使用の有無を選択できるのが魅力です。

通話オプションは下記の2つから追加しましょう。

通話オプション 月額料金(税抜) 通話時間
定額オプション+ 1,800円 国内通話24時間無料
準定額オプション+ 800円 国内通話5分以内無料

通話オプションはau同様、ドコモよりも100円高く設定されています。なお、ソフトバンクにはauのような法人割引サービスがありません。
とはいえ「スマートフォン法人基本パック」という、法人向けの便利機能が備わっている有料オプションがあります。

・スマートフォンのセキュリティを強化して社内情報の漏洩を防ぐ
・メッセージの一斉送信により業務効率を大幅に向上させる

上記のように、「スマートフォン法人基本パック」では業務に役立つ便利機能が利用できます。

大手3社以外も!法人携帯でかけ放題プランの5社を比較

大手3キャリアのかけ放題プランを比較しましたが、本項ではそれ以外のキャリアを比較していきます。

3キャリア以外のメリットとしては、比較的料金がお手軽なこと。

反対にデメリットとしては、店舗数が少ないため、ほとんどの場合インターネットで手続きをしなければならないという点です。

それを踏まえて参考にしてみてください。

楽天モバイルのかけ放題プラン

楽天モバイルは、楽天独自の回線を利用するMNOです。

従来は、ドコモ・au回線を借りて利用するMVNOがありましたが、2020年4月に新規の受付を終了。

楽天独自回線に一本化するという方向に舵を切りました。

音声通話が可能な基本プランは下記のとおりです。

通話SIMの各プラン 高速データ通信容量 月額料金(税抜)
ベーシックプラン(※) なし 1,250円
3.1GBプラン 3.1GB 1,600円
5GBプラン 5GB 2,150円
10GBプラン 10GB 2,960円
20GBプラン 20GB 4,750円
30GBプラン 30GB 6,150円

※最大速度200kbps(一般的に低速と言われる速度)の通信が使い放題のプラン。

ベーシックプラン以外は、1カ月間の合計通信容量が契約している「高速データ通信容量」を超えたら最大速度200kbpsに速度制限がかかる。

上記のように、インターネットの使い方に合わせたプラン選択が可能です。
なお、上記に記載されている月額料金はあくまで基本料金ですので、音声通話を30秒するごとに20円(税抜)の追加料金が発生します。

音声通話を頻繁に使用する方は、月額850円(税抜)の「5分かけ放題オプション」に加入しましょう。
5分以内の国内通話がかけ放題になります。

また、「楽天でんわアプリ」という専用アプリを利用すれば、通常の通話料金に比べて半額で通話可能です。

Y!mobileのかけ放題プラン

ソフトバンクの回線を使っているワイモバイルにも、法人向けの料金プランがあります。
主となる基本プランは下記の3つです。

シンプルプラン 利用可能データ量 月額料金(税抜)
シンプルS 3GB 1,980円
シンプルM 15GB 2,980円
シンプルL 25GB 3,780円

上記プランは5Gにも対応しているため、高速通信を利用したい方におすすめです。
さらに、ワイモバイルで法人契約を2回線以上していれば、全回線に対して700円(税抜)の割引が適用されます。

なお、通話オプションに関しては大手キャリアと同じように2種類から選択可能です。

通話オプション 月額料金(税抜) 通話時間
スーパーだれとでも定額(S) 1,700円 国内通話24時間無料
だれとでも定額 700円 国内通話10分以内無料

ドコモと同じく、1,700円(税抜)で24時間のかけ放題を追加できます。

また、「だれとでも定額」はほかキャリアと違って、国内であれば10分以内の音声通話が無料です。
長時間の電話をしないのであれば、「だれとでも定額」がベストとなります。

イオンモバイルのかけ放題プラン

2021年4月より料金プランが全面リニューアルされたイオンモバイル。

ここでは、主な音声通話、データ通信、SMSが利用可能な、音声ありの料金プランをご紹介しますが、下記の料金はかけ放題ではありません。
別途通話料がかかります。かけ放題にするには後述するオプションの契約が必要です。

・さいてきプラン(音声プラン)

容量 月額料金(税抜)
0.5GB 730円
1GB 780円
2GB 880円
3GB 980円
4GB 1080円
5GB 1180円
6GB 1280円
7GB 1380円
8GB 1480円
9GB 1580円
10GB 1680円

・さいてきプラン MORIMORI(音声プラン)

容量 月額料金(税抜)
12GB 1780円
14GB 1880円
20GB 1980円
30GB 3780円
40GB 4780円
50GB 5780円

データの使用量によって、各段階で月額料金が細かく分かれています。

余ったら翌月に繰り越せて、容量変更は何度でも無料で可能です。

なお、楽天モバイルと同じく専用アプリ「イオンでんわ」を経由すれば通話料が半額になります。
かけ放題プランを求める方は、980円(税抜)で「050かけ放題」を契約すると国内通話が無料になります。

「050かけ放題」はインターネット回線を使用したIP電話サービスであり、専用の050電話番号を使います。

BIGLOBEのかけ放題プラン

BIGLOBEの格安SIMも法人契約が可能です。
基本プランとかけ放題オプションについては下記をご参考ください。

【基本プラン】

利用可能データ量 月額料金(税抜)
0GB 700円
1GB 780円
3GB 1,000円
6GB 1,500円
12GB 3,200円
20GB 5,000円
30GB 7,250円

【通話オプション】

選べる通話オプション 月額料金(税抜)
10分かけ放題 830円
3分かけ放題 600円
通話パック90(最大90分無料) 830円
通話パック60(最大60分無料) 600円

通話オプションは種類が豊富なので用途別に追加できます。
また、「BIGLOBEでんわ」を活用することにより、30秒あたり9.9円(税抜)で音声通話を使用可能です。

mineoのかけ放題プラン

mineoは三大キャリアの回線に対応しているため、手元にある端末をそのまま活用できます。
090音声通話の「デュアルタイプ」の料金は下記のとおりです。

デュアルタイプ 月額料金(税抜)
500MB 1,310円
3GB 1,510円
6GB 2,190円
10GB 3,130円
20GB 4,590円
30GB 6,510円

※上記はauプランの月額料金

090音声通話とは、090・080・070から始まる電話番号で行う通話のことです。
ほか格安キャリア同様、専用アプリの「mineoでんわ」を用いることで、通常よりも安く音声通話を使用することができます。

なお、5分かけ放題オプションを800円(税抜)で追加可能です。

それぞれの企業に最適な法人携帯のかけ放題プランを契約しよう!

本記事では、法人携帯のかけ放題プランを「大手」と「格安」に分けて比較しました。

大手キャリアの基本プランはどれもほとんど変わらず、法人サービスのところで差別化されています。
どの法人サービスを受けたいかによって、携帯キャリアを選択すると良いでしょう。

また格安キャリアであれば、大手キャリアよりも利用料金を大幅に抑えられます。
ご自身の利用目的に合わせて、各携帯キャリアのかけ放題プランを選択しましょう。

注意事項

※「メリハリ無制限」
・基本プラン(音声)とデータプランメリハリ無制限の総称です。

※「基本プラン(音声)」
・家族以外との国内通話は20円(税抜)/30秒となります。国際通話、0180、0570等から始まる他社が料金設定している電話番号への通話料、番号案内(104)などは、当該通話料の対象外です。
・SMSを送信する場合、料金が発生します。
・「USIM単体専用割」などの一部の割引サービスは適用できません。

※「データプランメリハリ無制限」
・3G専用機種など一部対象外機種あり。
・SMS や海外でのご利用分などは対象外です。
・ご利用のデータ量が 3GB以下の場合の割引は、日割り計算を行います。
・解約などにより回線契約が終了する最終月は、ご利用のデータ量が3GB以下であっても割引されません。
・5G通信サービスを利用するためには、5G対応機種が必要です。

※「ミニフィットプラン+」(基本プラン(音声)とデータプランミニフィット+の総称です)
・本データプランは、一部対象外の機種があります。
・SMSや海外でのご利用分などは対象外です。
・「家族データシェア」および「法人データシェア」にはご加入いただけません。

※「準定額オプション+/定額オプション+」
・「基本プラン(音声)」でご利用いただけるオプションサービスです。国内通話が24時間いつでも無料になる「定額オプション+」と、1回5分までの国内通話が無料となる「準定額オプション+」があり、いずれも「留守番電話プラス」をはじめ、電話を便利に利用できる月額880円相当のサービスが含まれます。

※「準定額オプション+」
・無料通話には対象外があります。国際ローミング通話料、国際電話通話料、ソフトバンク衛星電話サービス、おしらべダイヤル、0180・0570など他社が料金設定している番号への通話料、番号案内(104)、ソフトバンク携帯電話から留守番電話センター宛ての国内通話などは無料通話の対象外です。

あわせて読みたい

業務効率・コスト改善するなら【法人スマートフォン】

まだ会社携帯でガラケーを使っていませんか?
近年、法人で利用される携帯電話はガラケーからスマートフォンへの切り替えが進んでいます。
高機能なサービスやアプリの活用で、従業員の業務効率を改善しましょう!

この記事をシェアする

関連記事

法人スマホのメリット・デメリットとビジネス活用方法を解説
訪問看護のオンライン資格確認とは?
法人携帯はどこがおすすめ?7社を徹底比較
法人携帯は経費として計上できる?処理方法について解説
法人携帯は代理店契約がお得?キャリアショップとの違いやメリットについて
法人携帯にiPhoneはおすすめ?メリット、デメリットを徹底解説

即日対応可能! 
法人携帯のことならベルパーク

法人携帯のことなら、何でもご相談ください。
「初期費用を抑えたい」「月々の通信費」「テレワーク導入」など、専任コンサルタントがお客様に合わせたプランをご提案します。

BeLL-Park 法人営業部
お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら