コスト削減の正しい戦略。成功に導くポイントを解説します

コスト削減

コスト削減を成功させるためには、理由が明確で具体性のある戦略が大切です。

ではどのポイントをおさえながら戦略を立てればよいのか。今回は戦略の立て方について、コツをお教えします。

正しいコスト削減戦略は会社を強くする

コスト削減は正しく実施すると、既にある会社の強みがさらに強くなり、弱みが強みに変わり、最終的には多くの付加価値を付けられます。
強みが弱みに衰退しないよう、コスト削減を実施する際はしっかり戦略を練ってから行動に移す計画性が大切です。

 

コスト削減で企業を強くするには現状把握が大切

コスト削減が成功すると、企業に付加価値がついて勢いが増します。

その理由は、サービスの質が向上したり、より良いサービスが生まれたり、業務の効率化が図れるからです。

 

企業をより良いものにするために、まずは現状の強みと課題を浮き彫りにしましょう。強みは企業の魅力、付加価値と呼ばれる部分です。

この部分はコスト削減で衰退させてはいけません。

 

また課題を明確にしておくと、コスト削減で解決すべき項目がはっきりと分かります。強みはそのままに、課題だけを上手く改善できるようにコスト削減の対策を練りましょう。

 

現場目線の計画でコスト削減を成功させる

企業の現状がわかったら、実行に移す計画を明確にします。コスト削減を実行する際は以下の4つのポイントを意識しましょう。

 

● どこを変えるか
● 本当に必要な変化か
● コスト削減の実施によって業務は停滞しないか
● 現場への負担はどのくらいか

 

まずはどこを変えるか、コスト削減で変えたい課題を一つに絞ります。

大きな結果を期待してしまいますが、最初は小さな取り組みから始めると、社内全体でコスト削減を行うきっかけになります。

 

次にその課題解決は本当に必要かを検討してみてください。3つ目と4つ目のポイント、業務と現場への負担も一緒に考慮すると、より成功に近づきます。

 

第一目標の経費削減が達成できても、サービスの価値が下がってしまえば、長期目線では収益が減ってしまいます。

目先の成果だけでなく、経費削減以外にどんな結果をもたらせるかを、心に留めて実施する姿勢が大切です。

 

コスト削減はどう成功させる?着目すべき4つのポイント

ここで着目すべきポイントについてご紹介します。コスト削減の方法は、企業だけでなく業種によっても大きく異なります。

しかし着目すべきポイントは大体同じです。自分の会社で実施する際は、以下でご紹介するポイントを参考にしてみてください。

 

自宅業務に切り替えてオフィスコストをカットする

業務の中には出社せずに自宅で出来る業務もあります。

そういった業務はITサービスを活用して自宅勤務に切り替え、その分のオフィスコストをカットできれば大きな経費削減につながります。

 

稀に出社する際に席がないと困りますが、十分な広さを残しつつ、席はフリーアドレスにすれば解決します。実際に社員と話し合って、無駄をどんどん見つけていきましょう。

 

社内のシステムを見直す

社内のシステムを見直すことで、コスト削減につなげられることもあります。

 

たとえば、通信・通話にかかるコストです。自社の用途を振り返り、通信重視もしくは通話重視のプランに切り替えたり、キャリアを一本化したり、ビデオ通話サービスを利用したりすれば、効果的に経費を削減できます。

 

また、経理にかかるコストも見直す価値があるでしょう。タイムカードなどのアナログツールを利用していることで経理業務の負担が大きくなっている場合は、「KING OF TIME」などの勤怠管理システムを導入することで経理業務を簡易化し、コスト削減につなげられることがあります。

 

人件費削減は戦略失敗

コスト削減のためにやみくもにで人件費をカットするのは業務に関わる社員の負担が増し、業務にも滞りが発生する可能性があるため戦略としては失敗です。

 

人件費を削減したい場合は、簡単・単純で社内の重要な情報を含まない業務を、外注(アウトソーシング)すれば、人件費をカットしつつ業務に滞りも発生させません。行う際は業務内容をしっかり理解し、外部委託しても問題がないか再検討してから実施します。

 

社員と一体化して行うコスト削減戦略が大切

コスト削減の戦略の中で、一番有効なのが社員と協力して行うコスト削減です。

 

・現場から上がる不満をコスト削減で解決する

・現場がコスト削減案を提案する

 

以上の2つの状況に当てはまっている場合、コスト削減は大抵うまくいきます。

現場の負担にならないだけでなく、現場が困っていることを解決できるのが良いコスト削減です。

 

社員と一体で行うコスト削減戦略が立てられれば、次々と課題に着手できます。

社員も日々の業務で自然とコスト削減を意識するようになるので、より成果も出やすくなるのです。

 

社員目線のコスト削減戦略は成功の秘訣

コスト削減を実施する際、念頭において欲しいのが、常に社員の立場になって考えることです。

ネットの情報を鵜呑みにし、やみくもにコスト削減を実施しても、それが自社にとって有効とは限りません。

現状と長期的な効果を見極め、社員と協力して行えるようなコスト削減戦略を考えましょう。